みんなの年賀状事情を聞いてみたニャ!

2072 2017/12/08 キューモット

あっという間にもう12月だニャ!12月は師走というのはみんな知ってるかニャ。その由来は12月は師匠の僧がお経をあげるために、東西を馳せる月と解釈する「師馳す(しはす)」ことからきているのだニャ。
12月は一年の締めくくりで何かとやることが多いもの。大掃除や、年賀状を書くことも忘れてはいけないニャ。最近ではメールで新年の挨拶をする人も増えてきているみたいだけれど、手書きのコメントが入った年賀状をもらうと嬉しく感じるものだニャ。
そこで今回はみんなに、年賀状を出しているのか、どう作成しているかなどを聞いてみたニャ。

毎年年賀状を出しているかニャ?

毎年年賀状を出している人は71.6%、出していない人は28.4%だったニャ。
男女別で見てみると、男性で年賀状を出している人は65.2%だったのに対し、女性は78.7%の人が出していたニャ。女性の方が年賀状で新年の挨拶を欠かさずに行う傾向があると言えそうだニャ。

次に年代・性別の傾向を見てみたニャ。

毎年年賀状を出しているかニャ?(年代・男女別)

男性は20代では、年賀状を出す人は35.6%だったけど、年齢を取るごとにどんどん出す割合が上がっていき、60代では90%を超える結果になったニャ。
女性は年齢が上がるごとに年賀状を出す人の割合が増えていき、40代がピークで50代、60代にかけては出さない人の割合が増えていく傾向があったニャ。
全体的な傾向で見れば、年齢が上の人のほうが年賀状を出していて、女性の方が年賀状を出す人が多いことがわかったニャ。

次は年賀状を出している人にどんな 手段で新年の挨拶をしているかを聞いてみたニャ。ハガキなのかニャ?それともちがう手段なのか、気になるニャ。

年賀状はどんな方法で出しているかニャ?

ハガキで新年の挨拶をする人が、96.8%と圧倒的に高かったニャ。
ついでメールとSNSが20.7%だったニャ。
年賀ハガキの発行枚数は2003年がピークで、最近は徐々に減っているというデータもあるけど、みんなの意見では96.8%の人が年賀ハガキを出していたニャ。年始の挨拶=年賀ハガキというイメージは日本人に根付いているのかニャ。
メールやSNSでの挨拶をする人も5人に1人の割合でいるニャ。1月1日になった瞬間にあけましておめでとうメールなどでまず挨拶をする、なんて人もいそうだニャ。

次は実際に、年賀ハガキをどのように作っているかを聞いてみたニャ。

年賀状はどうやって作成しているのニャ?

一番多かったのはパソコンで作成の74.9%、続いて手書きが24.1%、お店に発注するが14.3%だったニャ。
パソコンは文字と絵や写真を年賀状作成ソフトで手軽に組み合わせて作れるし、プリンターを使って印刷も自分でできるので便利だニャ。
手書きと回答した人は、きっと書くことで気持ちを伝えたいと思っているんだニャ。また、スマホの普及によりパソコンを持っている若者が減ってきているというデータもあるので、家にパソコンがない人はスマホで年賀状を作るかもしれないニャ。年賀状作成用のアプリもあるからニャ。これからはスマホで年賀状を作る人が増えるかもしれないニャ。

ところでみんなは年賀状を何枚出しているのかニャ?ちょっと気になったので聞いてみたニャ。

毎年何枚程度年賀状を出しているかニャ?

一番多かったのは21~50枚で36.2%、続いて20枚以下で34.9%、51~100枚で20.8%、という結果になったニャ。
約7割の人が50枚以下の枚数だったニャ。2017年の年賀はがきの総発行枚数は25.9億枚という日本郵便の発表があるけど、その発行枚数を日本の人口で割ると、大体23枚ぐらいになるんだニャ。みんなは年賀状何枚だしてるのかニャ?

ここからは年賀状を出す時のこだわりや、こんな年賀状もらったら嬉しいといった意見を紹介するニャ。

年賀状を出す時のこだわりや、もらって嬉しい年賀状は何だろニャ?

まずは年賀状を出す時のこだわりを聞いてみたニャ。


・干支の絵や新年の図柄を印刷したり直接描いたりする他に必ず手書きで近況報告を書き添える。(女性60-69歳)
・自分で撮った写真を大きく印刷して、あいさつ文を添えます。(女性40-49歳)
・子供たちが干支の文字を人文字で作り、写真を撮って載せる。(女性40-49歳)

手書きの挨拶文は欠かさないという意見が目立っていたニャ。送る人に合わせて一言手書きのメッセージを添えると、気持ちが伝わりやすいのかもしれないニャ。

次は出さなくなったという人に、そのきっかけやいつまで出していたのかを聞いてみたニャ。

・25歳くらいまでは出していたが、LINEやメールを使うことが多くなり、年賀状は来た分だけ返す方法に変えたら、ここ数年は来なくなった。(女性30-39歳)
・中学までは時間があったので出していたが、高校になってスマホを持つようになってから出さなくなった。(男性20-29歳)
・手紙が好きなので、挨拶したい相手には年末へ一筆送り、儀礼的な年賀状は辞めた。ハガキの大きさでは書きたいことが書ききれない。(女性60-69歳)

若い人はメールやメッセージアプリで挨拶をすることが手軽で便利と考えているみたいだニャ。忙しい時にハガキを作る時間が取れないのかもしれないニャ。逆に年配の人からは、ハガキより手紙が良いという意見もあったニャ。

こんな年賀状がもらえたら嬉しい!という意見も聞いてみたニャ。

・結婚報告や出産報告の写真付き、子供の成長の写真付きの年賀状はほっこりする。(女性30-39歳)
・アニメが好きなのでアニメのイラストがかかれている年賀状はちょっと嬉しいです。(男性20-29歳)
・新年に希望の持てるような図柄や相手や家族の近況が書き添えてあるもの。(女性60-69歳)

近況の分かる写真や、自分を思ってくれるコメントがあったり、自分向きのイラストがあると嬉しいという意見が見られたニャ。出してくれた人の気持ちが伝わってくる年賀状は嬉しいニャ(*^m^)

キューモットは、1月1日はお雑煮とおせちを食べて、届けられた年賀状を見るのが楽しみだけど、みんなはどうかニャ?
年賀状に対するみんなの考え方、使い方などをキューモットにぜひ教えてほしいニャ!

調査概要

調査方法: インターネット調査
調査地域: 全国
調査対象: インテージ「キューモニター」20~69歳
サンプルサイズ:574サンプル ※性年代ごとの母集団構成にあわせてウェイトバック
調査期間: 2017年11月29日~12月1日

アンケートに答えてくれるモニター大募集☆

この記事のようなアンケートに答えてくれるモニターを大募集中だニャ☆
キューモニターでアンケートに答えると、お礼として現金や商品券に交換できるポイントがもらえるニャ!自分のペースで気軽にできる、アンケートサービスだニャ。
ぜひ参加してみてニャ♪(^ω^=)

関連記事の一覧
ページ上部へ