読書は紙派?それとも電子書籍派?イマドキの読書事情をリサーチしたニャ!

1152 2018/05/23 キューモット

通勤や通学の電車やバスの中では、スマホを使って、電子書籍や漫画を読んだりしている人をよく見かけるようになったニャ。

みんなはどうかニャ?最近本を読んでいるかニャ?どんな方法で読んでいるかニャ?
そこで今回は、みんなの読書事情についてリサーチしてみたニャ!

普段、読書しているか?
どんな方法で読んで本を読むのか?
読書するジャンルは何か?
書籍の入手方法は?
どんな時に本を読むのか?

キューモットが普段思っている疑問を聞いてみたニャ。
どんな結果が出たのかは読んでみてのお楽しみニャ(*^m^)

ジャンルを問わず、ふだん読書しているかニャ?

まずは普段どれくらい読書をする習慣があるかを聞いてみたニャ。

「よく読む」「たまに読む」と回答した割合は、10代が最も多く、年代があがるにつれ減っていくニャ。
10-20代の若い人達のほうが読書習慣があるようだニャ。

次に、どんな方法で本を読んでいるか聞いてみニャ。

どんな方法で本を読んでいるかニャ?

どの年代でも紙の書籍で読むという人が多かったニャ。電子書籍で読むという人は年代があがるにつれ割合が少なくなるニャ。

若年層ほどスマホの割合が高く、タブレットは40-50代の社会人層の割合が他の年代よりも高いニャ。

紙の書籍と電子書籍で読まれているものに違いはあるのかニャ?
実際に読んでいるジャンルを聞いてみたニャ。

紙の書籍・電子書籍で読むジャンルは何かニャ?

紙の書籍で一番読まれているのは「小説・文芸書」、次いで「雑誌」「コミック・漫画」「新聞」と続いたニャ。
電子書籍の場合、ダントツ1位は「コミック・漫画」だったニャ。
紙で一位だった「小説・文芸書」は電子書籍の場合その1/3しか読まれていないニャ。
媒体によって読むジャンルが分かれるという事がわかったニャ。

文字中心の小説などは電子書籍にすると文字が小さくて読みにくいということもあるのかもしれないニャ。
漫画の最近無料で読めるアプリもたくさんあるから、みんな活用しているのかもしれないニャ!

そこで、紙の書籍と電子書籍のそれぞれの入手方法を聞いてみたニャ。

紙の書籍の入手方法を教えてニャ!

紙の書籍は新品を店舗で購入する割合が最も高く74.8%、次いで新品をインターネットで購入が43.0%と続いたニャ。「図書館で借りる」「古本屋で購入」は同じくらいの割合だニャ。最近フリマアプリで古本の出品もよく見かけるけど、全体の4.8%にとどまったニャ。

新刊をすぐ読みたいから「新品を買う」のかものかもしれないし、キューモットの場合はお気に入りの作家の本は必ず新品を買って大事に読むニャ!

紙の書籍は「新品」を購入する人が最も多いという結果がでたニャ。

電子書籍はどうかニャ。

電子書籍の入手方法を教えてニャ!

「無料お試し版だけ読む」が一番多かったニャ!
無料お試し後の購入は、電子書籍が22.2%、紙の書籍は6.1%で電子書籍をそのまま購入する割合のほうが高かったニャ。

電子書籍は気軽に読めるだけにまだまだお金を出して買うものではない、と思っている人も多いのかもしれないニャ。またお試し版を読んだあとは紙の書籍よりも電子書籍を買う人が多いという結果も分かってきたニャ。
電子書籍に慣れた人は、お金を出す時も電子書籍の方を好むのかもしれないニャ。

最後はどんな時に読書をするのかも聞いてみたニャ。

本を読む状況を教えてニャ!

紙の書籍も電子書籍も両方とも「部屋でくつろいでいるとき」の割合が最も高い結果となったニャ。
意外にも「電車やバスなど移動中」や「飲食店など屋内でくつろいでいるとき」など自宅外での読書は電子書籍よりも紙の書籍のほうが多かったニャ。
一方、自宅内でも「寝る前にベッドや布団の中」や「お風呂」「トイレ」は電子書籍のほうが多かったニャ。

みんなはの読書事情はどうかニャ?
キューモットに教えてニャ!

■調査概要

調査方法: インターネット調査
調査地域: 全国
調査対象: インテージ「キューモニター」15~69歳 1163サンプル
       ※国勢調査の性年代構成比にもとづきウェイトバック
調査期間: 2018年5月1日~3日
調査機関: 株式会社インテージ

アンケートに答えてくれるモニター大募集☆

この記事のようなアンケートに答えてくれるモニターを大募集中だニャ☆
キューモニターでアンケートに答えると、お礼として現金や商品券に交換できるポイントがもらえるニャ!自分のペースで気軽にできる、アンケートサービスだニャ。
ぜひ参加してみてニャ♪(^ω^=)





関連記事の一覧
ページ上部へ